VCC-400 Windowsマニュアル/ドライバ/ソフトウェア Ver.2.40 (2015/06/03 更新) ダウンロード
1. インストールパッケージについて
ダウンロードしたzipファイルの圧縮を解除すると、次のフォルダが現れます。
Manual : VCC-400ソフトウェアのインストールおよび使用に関するマニュアル .pdfファイル形式
Setup : VCC-400マネージャソフトウェアのインストールファイル
2. アップデート方法 (初めてインストールする場合は、インストールマニュアルをご参照ください。)
注意事項 : アップデートの際は、両方のコンピュータともにアップデートしてください。以前のバージョン1.00を使いながら、一方のコンピュータのみバージョン2.40にアップデートすると正常に動作しません。必ず両方のコンピュータをバージョン2.40にアップデートしてお使いください。
A) コンピュータに添付ファイルをダウンロードしておきます。
B) メインとサブのコンピュータで、「コントロール パネル」 > 「プログラムの追加/と削除」でVCC-400 Managerを選択し削除します。プログラムが削除されてから、再起動するかどうかというメッセージが表示されますが、再起動の必要はありません。
C) 使用するコンピュータに、 (A)の過程でダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、\SetupでWindowsのバージョンに合わせて「\32-bit\Setup.exe」か「\64-bit\Setup.exe」のファイルを実行、VCC-400マネージャをアップデートします。アップデート終了後に再起動すると、アップデートされたプログラムが動作します。
VCC-400 Mac OSマニュアル/ドライバ/ソフトウェア Ver.2.40c (2016/09/30 更新) ダウンロード
1. インストールパッケージについて
ダウンロードしたzipファイルの圧縮を解除すると、次のフォルダが現れます。
Driver : VCC-400装置ドライバが含まれるフォルダ
Manual : VCC-400ソフトウェアのインストールおよび使用に関するマニュアル .pdfファイル形式
Setup : VCC-400マネージャソフトウェアのインストールファイル
2. アップデート方法 (初めてインストールする場合は、インストールマニュアルをご参照ください。)
注意事項 : アップデートの際は、両方のコンピュータともにアップデートしてください。以前のバージョン1.00を使いながら、一方のコンピュータのみバージョン2.40にアップデートすると正常に動作しません。必ず両方のコンピュータをバージョン2.40にアップデートしてお使いください。
A) コンピュータに添付ファイルをダウンロードしておきます。
B) (A)でダウンロードしたファイルの圧縮を解除し、使用するOS(オペレーティングシステム)のバージョンに合わせて「/Setup/10.4/」、「/Setup/10.5/」、「/Setup/10.6/」か「/Setup/10.7-10.10/」経路にVCC-400マネージャソフトウェアのインストールパッケージを実行すると、自動的にVCC-400マネージャがアップデートします。
VCC-400 Linux マニュアル/ドライバ/ソフトウェア Ver.2.40 (2012/10/22 更新) ダウンロード
1. インストールパッケージについて
ダウンロードしたtarファイルの圧縮を解除すると、次のフォルダが現れます。
Driver : VCC-400装置ドライバのソースコードが含まれるフォルダ
Manual : VCC-400ソフトウェアのインストールおよび使用に関するマニュアル .pdfファイル形式
Setup : VCC-400マネージャソフトウェアのインストールファイル
Update : 以前のバージョンでアップデートできるファイルがある (初めてのインストールの際は必要なし)
2. アップデート方法 (初めてインストールする場合は、インストールマニュアルをご参照ください。)
注意事項 : アップデートの際は、両方のコンピュータともにアップデートしてください。以前のバージョン1.00を使いながら、一方のコンピュータのみバージョン2.40にアップデートすると正常に動作しません。必ず両方のコンピュータをバージョン2.40にアップデートしてお使いください。
A) 使用するコンピュータに添付ファイルをダウンロードし、tarファイルを解凍します。
B) 解凍したディレクトリを開き、/Update/Update.tarファイルを実行、Linuxバージョンに合わせて「/x86」か「/x86_64」でvcc_update(シェルスクリプトファイル: root 権限が必要)を実行します。アップデートした後、ログアウトして再度ログインします。